現地女性と結婚手続きの流れ

結婚手続きには日本で行う方法と、ベトナムで行う方法がありますが、ベトナムで行うと最低3回渡航が必要になります。また、妻の本籍地が地方にある場合、そこまで行かなければなりませんし、婚姻証明書を人民委員会に取りに行く際、指定された日に行かねばなりません。大変に手間がかかります、日本での結婚手続きを行います。
下記の掲載内容は在日本ベトナム大使館又は領事館で現地女性と結婚手続きを申請の流れについて説明いたします。
1.観光ビザ取得
現地で対面お見合いで双方の結婚意志があれば、お客様は妻を観光ビザで日本へ呼びたい場合、下記の書類が必要ので、渡航前に準備置いて、渡航時に持って行ってください。
妻は日本に来られば、在日本ベトナム大使館又は領事館で結婚手続きを申請できます。
女性側の書類につい、当社は女性に案内させていたします。
「この掲載内容を隠れています、表示のために、ログインが必要です。」

2.婚姻要件具備証明書を発行申請
在日本ベトナム大使館又は領事館で婚姻要件具備証明書を発行申請のために、下記の書類を準備が必要です。
「この掲載内容を隠れています、表示のために、ログインが必要です。」 一週間後婚姻要件具備証明書を発行申請の結果が出ます。

3.婚姻届受理証明書を発行申請
お客様の市区町村役所にて婚姻届をしてください。その際、市役所からは婚姻届受理証明書の発行を受け、戸籍謄本に女性の名前が載ります。
下記の書類を準備が必要です。
「この掲載内容を隠れています、表示のために、ログインが必要です。」 (*)女性が3.婚姻届にサインが必要ですので自分の市役所から婚姻届の2通以上を取り受けて下さい
ベトナム渡航する時に一緒に持って行ってください。婚約になれば女性は婚姻届にサインして貰います

詳しくは自分の市役所に聞いてください。
4.婚姻証明書を発行申請(婚姻受理報告証明書)
再び在日本ベトナム大使館又は領事館に提出し、ベトナム国の結婚証明として婚姻受理報告証明書の発行を受け。
下記の必要な書類
「この掲載内容を隠れています、表示のために、ログインが必要です。」

以上の現地ベトナム女性との結婚手続きが完了です。
下記の内容は日本入国管理局に妻の在留資格認定書交付申請を説明します。あなた自身で行ってください。
日本入国管理局に妻の在留許可を申請
下記の書類を準備が必要です。
「この掲載内容を隠れています、表示のために、ログインが必要です。」
妻の在留許可が認可されない場合もあります。以下の理由を説明致します。
1.妻になる女性が過去5年以内に不法滞在等、日本の法律に抵触している場合
【当社で紹介する女性はこの点では安心してください。】

2.偽装結婚を疑われる場合。あなたが外国人妻と結婚、再婚を繰り返している。
結婚までの交際期間があまりにも短い。あまりにも年の差が離れている。

3.提出した書類に虚偽や不備があった場合
結婚経緯書の作成にあたっては虚偽のことを書かないように、注意してください。
見本をつけておきますから、それを参考に作成してください。相手の家族構成を書く欄もありますから、相手に尋ねておいてください。

4.あなたの収入が外国人妻を扶養するには低すぎると判断された場合。
年収300万円以下では難しいと考えられますので、青色申告の方は修正申告をお勧めします。ただし、過去には年金で生活している方の申請も受理されたケースもあるそうですので、あくまでケースバイケースです。

各種お問い合わせ又は  support@javilove.comへのご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。
あなたのアカウントにログイン 新規登録

あなたのプライバシーを保護することは私達にとって重要である

 
×
アカウントを作成 登録済の会員

 
×
あなたのアカウントをお忘れですか?
×

Go up